円滑な形見分けのために|任せてバッチリの遺品整理業者

円滑な形見分けのために

和室

正規の業者に依頼する

故人の遺した品々は葬儀後に形見分けのために分類して、必要なものは残し、不要な物を処分をすることになります。この作業が遺品整理であり、遺族の負担も大きいため、最近では専門の遺品整理業に依頼をするケースが増えています。その際には正規の業者に依頼をするように注意が必要です。現在遺品整理業者は全国に多数あり、業務に必要な許可を所有していない業者も一部存在します。荷物をトラックで運搬するためには「一般貨物自動車運送事業」の許可が、不要品の買取には「古物商許可証」が必要です。また不要品の運搬には「産業廃棄物収集運搬」の許可が必要となってきます。これらの許可を持たない業者の場合、不要品を不法投棄している悪質な業者の可能性もあるため、各種許可を得た正規の業者に依頼をした方が安心して作業を行ってもらえます。

処分だけでなく買取も可能

不要となった故人の品々は、遺品整理業者に頼んで処分してもらうことができると同時に、「古物商許可証」を持つ業者の場合は買取サービスも行っています。遺品整理は葬儀後に行うことが多く、出費が気になる人も多いですが、買取を行ってもらうことで遺品整理に掛かる費用と相殺することができます。買取ってもらえる不要品は着物といった一部の衣類やパソコンやテレビといった家電製品全般、家具類など幅広い分野に及びます。アンティーク家具のような重たく運搬が困難な遺品も遺品整理業ならば買取のついでに引き取ってもらえます。遺品整理業を利用する時には、単に不要品を処分してもらうだけでなく、このように買取サービスを活用するテクニックによって、遺品整理の手間と費用を減らすことができます。